アクセスカウンタ

いちろうの第三の人生

プロフィール

ブログ名
いちろうの第三の人生
ブログ紹介
私のブログを訪問くださって、ありがとうございます。

IT業界からキャリアカウンセリングの世界に飛び込んだアラカン世代男性のブログです。
”キャリア”を中心におき、時には、読んだ本、聴いた音楽、世の中で気がついたことなど、いろいろと寄り道しながら綴っていきます。

よろしくお願いします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
おしんのキャリア
おしんのキャリア 昨日まで、連続4夜で「おしん」の総集編をBSで放映していました。 NHKの朝ドラとして放映されたのはちょうど30年前です。 そのときは1年間を通しての放映でしたが、ほとんどの回を観たと記憶しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/01/05 13:47
私の事業 個人への支援、組織への支援
4月に株式会社ダイアローグという会社を立ち上げ、今日でちょうど半期が終了します。 良いお客様に恵まれ、お客様の課題に対応するために全力で走ってきました。 私自身とても勉強させていただいた6ヶ月だった、という印象です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 17:09
未だに解かれないていない課題  「失敗の本質」より
未だに解かれないていない課題  「失敗の本質」より 「失敗の本質」、”日本軍の組織論的研究”とサブタイトルのついたこの本は、1984年にダイヤモンド社から刊行されています。 著者は経営学者である野中郁次郎と他に政治や組織論、軍事史などが専門の5名の学者達です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 20:13
危機感だけでは、人は動かない
「うちの社員は危機感がたりない」と言って嘆かれる経営者の方がいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/29 11:22
アイデンティティの成熟に必要なこと
アイデンティティの成熟に必要なこと 広島大学の岡本祐子教授は、「アイデンティティ生涯発達論の展開」という著書のなかで、次のように述べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/07 00:09
もうひとつの自分の物語
たとえば、企業同士の合併やリストラなどにより、それまでの権限や責任からみて降格と見なされるような人事が行われることは、現在では珍しくないでしょう。 あるいは、会社で管理職として部下を持っていた人が、成績不振でその席をおりざるを得ないことも、今は日常的に起きるているように思えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 06:10
プロフェッショナルの美しさ
すべてを奪いながら押し寄せる巨大津波、人工物のほとんどが消え去った東北の太平洋側海岸線、不気味に白煙を吐く福島第2原発。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/31 18:17
ジャニス・イアン   JESSE
私は、何枚か「LPレコード」をもっています。 すべて、18歳から22歳の大学生の頃に集めたもので、何回かの引っ越しの際にも捨てるに捨てられなかったものです。 その中の一枚が、この「JESSE」が収録されているジャニス・イアンの「STARS」というアルバムです。 学生の頃、このアルバムを買ってきて毎日聴いていた時期がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/04 15:04
キャリアを漂流させないために
ある会社に、A君とB君が同期で入社しました。 大変だった新人研修も終わり、二人は同じ職場に配属されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 22:12
漂流するキャリア
大久保幸夫さんは、「筏下りから山登りへ」のキャリア論で、いつまでの筏下りを続けて山登りへ移行しないキャリアについて、次のようにその問題点を指摘しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 17:17
若者のキャリア
若者のキャリア 私は、大久保幸夫さんの「『筏下り』から『山登り』へ」というキャリアデザイン論が、好きです。 以下は「キャリアデザイン入門」からの引用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/30 18:03
「今に生きる親鸞」   吉本隆明
「今に生きる親鸞」   吉本隆明 親鸞の思想では、「悪人正機論」や「他力」などの概念が有名ですが、今回、この「今に生きる親鸞」を読んで「計らい」という概念が気になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 19:38
ケ 麗君(テレサ・テン)  但願人長久
宋代の詞に現代の作曲家が曲をつけ、テレサ・テンが歌って作ったアルバム「淡淡幽情」から、また一曲紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/16 20:21
「『新型うつ』な人々」   見波利幸
「『新型うつ』な人々」   見波利幸 著者は外資系コンピュータメーカー出身で、産業カウンセラー、キャリアセラーとしてメンタルヘルス関連の研修や職場復帰支援などに携わっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 22:24
「太陽の少年(陽光燦爛的日子)」   姜文
「太陽の少年(陽光燦爛的日子)」   姜文 文化大革命の時代を描いた中国映画は、いくつかあります。 このブログでも、張芸謀監督の「活きる(活着)」と陳凱歌監督の「さらば、わが愛/覇王別姫」を紹介しました。 この他にも、謝晋監督の「芙蓉鎮」や田壮壮監督の「青い凧」などがあります。 いずれも、社会制度の崩壊、厳しい政治闘争による迫害、恋人や仲間同士の裏切り、などの悲劇を描いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 09:26
「承認とモチベーション」  太田肇
「承認とモチベーション」  太田肇 著者は、組織論、人的資源管理論が専門の同志社大学の教授です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/10 19:56
バーブラ・ストライサンド  「追憶」
この「追憶」という映画、私は学生時代に観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/02 19:29
最近の上海事情と地下鉄10号線事故
最近、中国版ツイッター”微博”(ウエボー)にアカウントを登録し、時々覗いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/01 19:26
平原綾香  ノクターン
2008年にフジテレビで放映された、北海道の富良野を舞台にしたドラマ「風のガーデン」の主題歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/26 21:32
「清貧と復興 土光敏夫100の言葉」 出町 譲
「清貧と復興 土光敏夫100の言葉」 出町 譲 土光敏夫の言葉と彼の生い立ちや業績を紹介した本です。 筆者はテレビ朝日「報道ステーション」のデスクです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 19:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

いちろうの第三の人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる